調布バプテスト教会
mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースレター2018年7月

|
*|MC:SUBJECT|*


 関東での早い梅雨明け、西日本での豪雨、猛暑続きと、この夏の異常気象に驚かされつつ、各地におられる方々守られて日々を過ごされるようにと祈ります。7月で誕生日を迎え、神様に守られてここまで歩んでくることができたことに改めて感謝をささげました。また、5月から歩き始めた娘も1歳5ヶ月を迎え、歩きがだいぶ安定してきました。意思疎通もお互いに取れるようになり、成長の早さを覚えます。いつも私達家族、そして、働きを祈りに覚えてくださり、ありがとうございます。
インターン生を迎えて
 
 3月から6月にかけて、JCFN日本では神学生のインターン生(S姉)を受け入れていました。インターンシップを日本で受入れることは今回が初めてのことでした。S姉には、実際に帰国者に会って、JCFNの発行している「帰国者ワークブック」をやってもらうこと、5月に行われたGRC18での奉仕、事務所での事務作業、そして、私との週に1度の面談(スーパービジョン)を体験してもらいました。日本でクリスチャンになったS姉でしたが、大学在学中にアメリカの大学に数ヶ月間交換留学に行き、そこで、海外で救われる日本人との関わりがありました。彼らが日本に帰国したからなかなか信仰生活を保つことができないという現実を目の当たりにし、何かできることはないか・・・と思っていた時にJCFNの働きのことを知り、事務所を尋ねにきてくれたことが今回のインターンシップの機会へと繋がりました。新しい視点をもってミニストリーについて分かち合ってもらうことができ、励ましを受けた3ヶ月となりました。来年3月に神学校を卒業されるS姉の学びと進路のために祈ります。(写真はインターンシップを終えて、協力主事と共に「恵まれさまランチ」をした時のものです。)
BBWIT18
 
 7月15日〜16日、BBWIT18(ブリッジビルダーズWhatever It Takesリーダーシップキャンプ)を町田の教会を会場に行いました。全部で20名の参加者があり、その多くが日頃帰国者の受け入れに関わっていたり、教会のスタッフであったりとリーダーシップに関わる方々でした。中にはつい2週間前に帰国したばかりの帰国者の参加者もありました。今回は「Entrust to Expand(広がっていくために託していくという意味)」ということをテーマに掲げ、メンタリング(人を育てていく関係)についての学びと帰国者受け入れセミナーを実際に作ってみるという大きく2つのことを取り上げ行いました。久々にメンタリングについてのティーチングのセッションを担当し、私自身もチャレンジを受ける時となりました。受け入れセミナーを主事ではない人たちの視点で作成・プレゼンしてもらうことはとても新鮮で面白い経験となりました。帰国者の成長に関わることに参加者がこれからも出ていき、周りの方々に帰国者ミニストリーに必要性を伝えていくことができるように祈ります。
GRC18の実:スモールグループの動向
 
 5月に行われたGRC18の実として、新しいJCFNのスモールグループ(SG)が起こされています。すでに始まったSGとして丸の内と西船橋のグループがあります。また、近い内に宇都宮と横浜でも新しく始まる方向で準備が進められています。写真は6月に行われたリーダートレーニングの様子です。興味を持って参加される方がいることにとても励まされました。ますますSGが帰国者受け入れに用いられるようにと祈ります。
今後の予定

 BBWIT18が終わり、JCFN日本では夏のイベントは予定されていないので、少し休息をいただける夏となります。8月には夫の実家のある金沢に帰省する予定でいますので、その機会にも帰国者と会う機会があればと祈っています。

7月28日 GiFT Summer Celebration(御茶ノ水)
8月19日 調布バプテスト教会メッセージ奉仕
9月1日 南関東スモールグループホスト会(御茶ノ水)
9月8日 JCFN日本事務所お祈り会OCHAHOP
9月15日 GiFTイベント(場所未定)
9月16日 調布バプテスト教会メッセージ奉仕
Email
JCFN website
Blog
Facebook
Twitter
オンライン献金
♪ 感謝 ♪
◎誕生日を迎え、ここまで歩みが神様によって守られたこと。
◎BBIWT18が祝福の内に開催できたこと。

◎娘の成長が日々守られていること。
◎支援の必要が1年間満たされたこと。継続的に支えてくださる方が与えられていること。

♪ 祈祷課題 ♪
◎インターン生S姉の学びと進路のために。
◎BBWIT18参加者の引き続きの歩みのために。
◎日本全国で行われている帰国者受け入れの働き(地域集会、スモールグループ)のために。
◎JCFNに新しい働き人(主事・協力主事)が加えられるように。
◎夏休みが守られるように。
 6月を以って、JCFNの2017年度が終わりました。この1年間も継続的に支えてくださる方々が起こされ、必要が満たされたことに感謝します。新年度2018年度は給与額の変更があり、サポートレイズの目標額が変更になります。月々の必要が183,000円になりました。ぜひ、引き続き必要が満たされるようにお祈りください。

 経済的支援をもって、共に神様の働きに加わってくださる方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
2017年度毎月の目標額
¥139,000(9月まで)
¥181,000(10月以降)
日米合計 % 日本 北米
7
¥303,454 218 ¥278,000 $225
8
¥194,416 140 ¥142,000 $475
9
¥208,527 150 ¥184,000 $225
10
¥256,079 141 ¥230,697 $225
11
¥190,926 105 ¥171,000 $175
12
¥259,158 143 ¥160,000 $880
1
¥207,006 114 ¥176,000 $275
2
¥175,306 97 ¥154,000 $195
3
¥265,579 147 ¥244,710 $195
4
¥273,201 151 ¥249,223 $225
5
¥157,786 87 ¥131,000 $245
6
¥290,334 160 ¥290,334 $160
($=¥月々のレートに基づく)
継続的に経済的支援を以って、一緒に神さまの働きに参加してくださる方々を引き続き、探しています。方法は次の3通り。
 
 ①オンライン献金
(アメリカ&日本共通)
www.jcfn.org/donation
(指定先:岡田千尋)

②チェック(アメリカ)
チェックはJCFN宛で、「ちひろサポート」とメモを付けて下さい。JCFN北米事務所宛てに郵送してください。

③郵便振替(日本)
「JCFN」00100-8-565348
岡田千尋主事サポートと
ひと言添えてください。
JCFN日本事務所
夏季特別献金受付中

 JCFN日本の夏季特別献金を8月31日まで受付けています。運営費基金、新しい主事の応援基金、主事の夏季手当基金の必要が満たされるようにお祈りください。
JCFN連絡先
JCFN北米
P.O. Box 17982 Irvine, CA 92623-7982 Tel 949-424-7535
JCFN日本
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル内 Tel/Fax 03-5217-2505

2018年8月

日  月  火  水  木  金  土 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、COが2018年7月26日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニュースレター2018年5月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.25