調布バプテスト教会
mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースレター2018年2月

|
*|MC:SUBJECT|*
 2018年最初のニュースレターになります。新しい年は、カリフォルニアで行われたEquipper Conferenceでのカウントダウンと共に家族で迎えることができました。
 2018年も早いもので2月。教会の暦では受難節(レント)に入り、イエス様の十字架を覚える時期になりました。日本でも色々なところでイースターの飾り付けを目にしますが、イースターの本当の意味は知られていないことを思い、胸を痛める思いがします。ひとりでも多くの人にイエス様の十字架と復活とが伝えられていきますように。
Equipper Conference
 
 約2週間、Equipper Conference(以下、EC17)のために家族でカリフォルニアに滞在しました。EC17には部分参加や子どもの参加も含め、総勢385名の方々が参加されました。「キリストにある自由を生きる」というテーマで、立てられた3人の講師が大胆に語ってくださり、参加者たちが御霊によって自由にされることを学び、体験する時となりました。
 特に今回は、ユースや日本から帰国者を迎えに行く参加者も多かったのが特徴的でした。1997年に始まり、15回目という記念すべき年でしたが、年数を踏んでいる分、ECに対して神様が何を期待しているのかを今一度立ち止まって祈り求めていく時に来ているように思います。救われる魂が起こされ、神様の前に大きな進路の決断をする人があったりと、帰国者の帰国準備だけでなく、幅広い参加者たちが神様との時間をECという場を通して経験しています。2018年はECがお休みの年になりますので、この1年間を通して、神様に聞いていきたいと願っています。
 私自身のことに触れますと、昨年は妊娠中のために日本からビデオでの参加(?)だったので、ECに参加したのは2014年依頼で、結婚してからも、出産してからも初めてのECでした。実は、その事実に、会場に足を踏み入れてから気づきました。自分の都合で動いていた以前までのECとは違い、娘の世話をしつつでしたが、限られた範囲ではありましたが、必要のあるところで用いていただきました。娘の世話のサポートのために夫も同行してくれました。ECでの経験を通して、家族で主に仕えることとはどういうことなのかを2018年は神様に聞きつつ歩んでいきたいという思いが与えられました。
 EC17のメッセージやワークショップの録音などが、ホームページ上にあげられていますので、ぜひ、ご覧ください。
 
娘が1才になりました。
 
 2月17日で娘・咲希が1才を迎えました。この1年間の娘の成長を見ながら、0〜1才が人の一生の中で成長が著しい年であることを思い、神様の導きを日々認める時となりました。娘が成長するのと共に、私たち夫婦も親にさせていただいた1年間になりました。股関節の装具治療も無事に終わり、今年に入ってから、整形外科の医師より正式に治療が終了したことの太鼓判も押していただけました。
 去年の今頃は、産後の体の回復と新生児のお世話とでてんやわんやしていたことを思います。娘が1才になり、娘の意志が段々と表れて来る中で、信仰を持つ親としてどのように毎日の生活の中で信仰を伝えていくのかを考えさせられています。神を愛し、人を愛する子に育っていってほしいと願います。
 保育園にお世話になりながらのJCFNでの働きが続いていきます。皆様のお祈りに感謝します。引き続き、家庭、また、ミニストリーにおいて神様にお仕えしていくことができるようにぜひお祈りください。
今後の予定

 JCFNでは例年通り、3月に年次合同主事会が行われます。私が娘を連れての渡米が難しいこともあり、今年は3年振りに東京で行われることになり、北米から主事が日本に来てくれることになっています。今回は初めての試みで、合同主事会機関中に「ビジョンミーティング」と称して、日本協力主事や日頃、地域やカンファレンスの実行委員としてボランティアでミニストリーに関わってくださっている方々を招いて、JCFNのビジョンを分かち合ったり、「フォローアップ」とは何なのかということを集まる方々と話し合う時間を持つ予定になっています。良い時になるように、そして、願わくば、実際に主事や協力主事として共にJCFNに関わる方々が起こされるようにお祈りください。
 また、5月のGRC:Global Returnees Conferenceに向けての準備も引き続き進められています。日々、色々な決断をする際に知恵を必要としています。神様の御心を聞いて判断し勧めていけるようにお祈りください。

3月3日 GiFT@永福南キリスト教会(東京)
3月8〜11日 合同主事会(東京)
3月17日 GRC18顔合わせ実行委員会(岡田家)
3月18日 調布バプテスト教会メッセージ奉仕
4月10日 東京プレヤーセンターメッセージ奉仕
4月14日 JCFN日本事務所お祈り会OCHAHOP
4月15日 調布バプテスト教会メッセージ奉仕
Email
JCFN website
Blog
Facebook
Twitter
オンライン献金
♪ 感謝 ♪
◎年末年始の渡米が守られたこと。
◎娘の成長が守られていること。
◎支援が与えられていること、継続的に支えてくださる方が与えられていること。

♪ 祈祷課題 ♪
◎3月に行われる合同主事会のために。
◎日本全国で行われている帰国者受入れの働きのために。
◎JCFNに新しい働き人(主事・協力主事)が加えられるように。
◎GRC18の準備のために。
 経済的支援をもって働きにともに加わってくださる方々が与えられていることに大きな励ましを覚えています。今年度、これまで必要が満たされていることに感謝します。ぜひ、引き続き必要が満たされ、働きを進めていくことができるようにお祈りください。

 経済的支援をもって、共に神様の働きに加わってくださる方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
2017年度毎月の目標額
¥139,000(9月まで)
¥181,000(10月以降)
日米合計 % 日本 北米
7
¥303,454 218 ¥278,000 $225
8
¥194,416 140 ¥142,000 $475
9
¥208,527 150 ¥184,000 $225
10
¥256,079 141 ¥230,697 $225
11
¥190,926 105 ¥171,000 $175
12
¥259,158 143 ¥160,000 $880
1
¥207,006 114 ¥176,000 $275
($=¥月々のレートに基づく)
継続的に経済的支援を以って、一緒に神さまの働きに参加してくださる方々を引き続き、探しています。方法は次の3通り。
 
 ①オンライン献金
(アメリカ&日本共通)
www.jcfn.org/donation
(指定先:岡田千尋)

②チェック(アメリカ)
チェックはJCFN宛で、「ちひろサポート」とメモを付けて下さい。JCFN北米事務所宛てに郵送してください。

③郵便振替(日本)
「JCFN」00100-8-565348
岡田千尋主事サポートと
ひと言添えてください。
JCFN連絡先
JCFN北米
P.O. Box 17982 Irvine, CA 92623-7982 Tel 949-424-7535
JCFN日本
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル内 Tel/Fax 03-5217-2505

2018年3月

日  月  火  水  木  金  土 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、COが2018年2月27日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニュースレター2017年12月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.25