調布バプテスト教会
mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースレター2017年7月

|
*|MC:SUBJECT|*
 主の御名を賛美します。
 日本は暑い毎日が続いています。各地で大雨による災害が起きています。暑さの中でも、また、不安定な気候の中でも、それぞれが守られますようにお祈りしています。
 JCFNでは7月より新年度になりましたが、大きな変化と共に始まりました。北米事務主事として仕えていた斎藤真智子さんが6年間の働きを終え、退職されました。北米会計と事務の働きを尾関祐子北米主事が担当することになり、働き方に大きな変化がありました。また、日本事務所も私がパートタイムでの自宅勤務が続きますので、働きの体制に継続的に調整が必要な状況となっています。ぜひ、JCFNの働きを覚え、特に、新しく主事にや事務主事になる方々が起こされるようにお祈りください。
JCFNスモールグループホスト会
 
 日頃は子どもを見つつ、自宅での働きを進めていますが、集会やイベントなどにも、子どもを連れて、できる範囲で出ていきたいと思っています。その中でも久々に事務所での働きを担当させていただけたのが、6月24日に行ったスモールグループホスト会です。事務所での働きに「仕事に復帰させてもらったんだな」という実感を得た時となりました。
 JCFN日本では約10年前より、スモールグループを通しての帰国者フォローアップを行っています。スモールグループにも季節があり、閉じるグループがあり、新しく始まるグループがありますが、現在では新宿(2)、渋谷(2)、蒲田、三鷹、吉祥寺、ひばりヶ丘、千葉の9つのグループが活動しています。スモールグループリーダー(ホスト)への思いをもって関わってくださる方々が起こされていることに感謝します。
 ホスト会は3ヶ月に一度行われ、午前中にはスモールグループの様子を聞きお互いに励まし合い、祈り合います。午後には、学びの時間を持ちますが、6月のホスト会ではメンタリングについて本から学びました。学びの機会がリーダーたちのケアに通じるようにと願っています。
 また、さらに新しいグループが始まることができるようにぜひお祈りください。
BBWIT17
 
 7月16〜17日に町田にあるエヴァグリーンチャペルを会場に、BBWIT(Bridge Builders' Whatever It Takes)リーダーシップキャンプを行いました。JCFN北米では留学生伝道や日本人ミニストリーなど、北米各地域でミニストリーに関わるリーダーたちのためのトレーニングキャンプとしてWIT(Whatever It Takes)を2007年から行っていますが、その日本版として、2012年に東京と愛知で帰国者受入れミニストリーに関わる方々のためにBBWIT(「びびっと」と読みます)を初めて行いました。今回は5年振り3回目の開催となりました。今回は埼玉、東京、千葉、神奈川、静岡、愛知から21名の参加(JCFN主事とヘルパー含む)があり、加えて、シンガポールからのミッションチームの8名が応援に駆けつけてくださり、総勢29名で2日間を過ごしました。
 参加者は日頃から地域で帰国者受入れのミニストリーのスタッフやコアメンバーとして関わっている方々、スモールグループリーダーとして奉仕してくださっている方々でしたが、彼らが励まされ、また、よいチャレンジを受ける時になるようにと学びの内容を準備してきました。ビジョンを継承することについて、またメンタリングとコーチングについて、シンガポールチームのミッションパスターにセッションを担当していただきました。神様がJCFNに与えてくださったビジョンを地域リーダーたちが意識して働きに関われるように働きかけてくださり、改めて、同じ思いを持って働きに関わってくださっている方々がいることに、JCFN主事としても励まされた時となりました。続けて、JCFN日本として、地域リーダーたちの励ましとなっていくことができるように、お祈りください。
今後の予定

 報告に書いたことの他に、GiFT(Growing in Fellowship Tokyo)の集会に5月、7月と訪問してきました。GiFT集会で久し振りに再会した帰国者の証が7月のJCFNの月報で紹介されました。ぜひ、お読みください。

 8月には夫の実家である金沢に帰省予定で、旅の途中や滞在期間中に帰国者を訪問する予定でいます。良い再会が与えられることを楽しみにしています。

 娘が3〜4ヶ月検診の際に左臼蓋形成不全であるということが判り、6月末より装具をつけての治療が始まりました。そのため、通院の機会が増えていますが、経過はここまで順調です。多くの方が娘のために祈ってくださっていることを感謝します。3ヶ月間の治療ということになっていますが、引き続き、治療が守られるように共にお祈りください。

8月20日 調布バプテスト教会メッセージ奉仕
9月9日 GiFTイベント
9月10日 調布バプテスト教会メッセージ奉仕
9月16日 南関東スモールグループホスト会
Email
JCFN website
Blog
Facebook
Twitter
オンライン献金
♪ 感謝 ♪
◎2016年度の支援が満たされたこと、継続的に支えてくださる方が与えられていること。
◎BBWIT17が祝福の内に行われたこと。
◎娘が5ヶ月になり、子育てが守られていること。

♪ 祈祷課題 ♪
◎限られた形での働き方において知恵が与えられるように。
◎JCFN日米両事務所の働きの体制のために。
◎BBWIT17後の参加者の励ましのために。
◎JCFNに新しい働き人(主事・協力主事)が加えられるように。
◎娘の装具治療が無事に進むように。癒されるように。
 2016年度もお祈りと経済的支援をありがとうございました。新しく継続的に支援してくださる方が起こされたことや、産休後の5月からの働きがパートタイムになったこともあり、2016年度は年間目標額を上回る形で終えることができました。前年度までの団体への借入分も返済ができることになりました。心より感謝いたします。
 2017年度(7月から開始)は、子育てをしながらのパートタイムでの働きになるため、目標額が月々139,000円に変更になります。来年になり保育園に入ることが可能になるようでしたら、またフルタイムへと戻ることができればと願っています。ぜひお祈りください。

 経済的支援をもって、共に神様の働きに加わってくださる方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
2016年度毎月の目標額
¥202,000
日米合計 % 日本 北米
7
¥239,649 119 ¥184,000  $548
8
¥204,016 101 ¥174,000  $295
9
¥202,225 100 ¥172,000  $295
10
¥207,297 103 ¥177,000  $295
11
¥208,881 103 ¥178,000  $295
12
¥328,354 163 ¥305,000  $205
1
¥197,606 98 ¥162,000  $305
2
¥198,325 98 ¥164,000  $305
3
¥382,928 190 ¥336,669  $405
4
¥207,694 103 ¥185,000  $205
5
¥186,491 92 ¥158,000  $255
6
¥263,116 108 ¥218,558  $405
($=¥月々のレートに基づく)
継続的に経済的支援を以って、一緒に神さまの働きに参加してくださる方々を引き続き、探しています。方法は次の3通り。
 
 ①オンライン献金
(アメリカ&日本共通)
www.jcfn.org/donation
(指定先:岡田千尋)

②チェック(アメリカ)
チェックはJCFN宛で、「ちひろサポート」とメモを付けて下さい。JCFN北米事務所宛てに郵送してください。

③郵便振替(日本)
「JCFN」00100-8-565348
岡田千尋主事サポートと
ひと言添えてください。
JCFN連絡先
JCFN北米
P.O. Box 17982 Irvine, CA 92623-7982 Tel 949-390-9751
JCFN日本
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル内 Tel/Fax 03-5217-2505

2017年10月

日  月  火  水  木  金  土 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、COが2017年7月 2日 21:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニュースレター2017年5月」です。

次のブログ記事は「ニュースレター2017年9月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.25